2018年05月09日

そんなん、まゆみばあで!?







みな様、とんとご無沙汰でございました(;´Д`)



2016年11月22日。
これは前回のブログ更新日です。
1年と約半年。。。
こんなにも長いこと、ほったらかしで。。。
ホンマ、すみません


お店は、ずっとやりよります(;´Д`)
毎日毎日、相変わらず怒りよります(笑)
新年度になって。
今年の6年生は聞き分けがようて、
あんまり手こずる子らぁもおらんで
安心しよります


ただ
ちいくと思うこともあるがです


お店やりだいて、ずっと言い続けゆう言葉があります。
100円以上お金を使う子に
「そんなに使うてかまんが?」
です。
このセリフ。
言い続けて6年です(笑)
今じゃあ、言う前から
「かまんき
いうて怒る子もおります(^^ゞ


それが、ここ最近
(あんた・・・遠足かね!?
と思うばあ、
200円〜300円ぐらい使う子が増えてきたがです。


もちろん、その子らぁにもお馴染みのセリフを言うがですが、
みんなぁ、揃うて
「かまんが
「ママが使うてえいって言うた
私としても、親がかまん言うて持たせたんなら・・・
と思いながら、お金を使うんを複雑な思いで見守るがです。


先日、地元の後輩が子供連れてお店に来たがですが、
その子(Nちゃん)は160円分お菓子を買うたがです。
いつものように私は
「160円も買うたで?かまんが?」「かまんよ〜」
いうやりとりを後輩が見よって私に言うてきました。


「まゆみちゃん、いっつもそうやって聞きゆうが?」
「聞きゆうよ〜
 いっぱい使うたらイカンやか
 あたしゃあ、100円以上買うたら、必ず聞きゆう」
エッヘン<(`^´)>ばりに言うた私を後輩が笑うたがです。
「アハハ!
 今時、消費税も取らんと、100円で何か買えるらぁて
 ここ(だがしや まゆみ)ばあで


・・・💧


今の時代、ジュース一つ買うにも150円近くかかるし、
袋のスナック菓子だって、それ位する時代。。。
消費税も取らんと、50円のジュース置いたり、
一番安いのは5円のイチゴミルクのアメちゃんやったり。
100円でも工夫したら色々買えるんはまゆみだけやで・・・


そう言われて、私、口あんぐりやったです。
(そうながや・・・
なんて世知辛い世の中になったもんや
そりゃあ、親御さんも大変や💦
けんど、ウチだけでも100円で買えるお菓子
これからも揃えていくき、やっぱりようけお金持たさんと
来とうせや










を宜しくお願いいたします\(^▽^*)







ぴかぴか(新しい)





posted by はちきん店長 at 11:30| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「子ども食堂」って何のため?

数年前から、「子ども食堂」いう言葉を頻繁に耳にします。

「子ども食堂」とは、
主に貧困家庭や孤食の子どもたちに無料や安価で食事を提供する民間の
取り組み。
子ども食堂という名前が使われ始めたのは2012年とされる。
14年に「6人に1人」という子どもの貧困率が公表され、翌15年から全国で
開設数が急増。朝日新聞社の調べでは、今年5月末現在で300カ所を超える。
開催頻度は月1回が全体の4割で最も多いが、週5日以上というところもある。
(2016-10-09 朝日新聞 朝刊 青森全県・1地方)


この活動は、食材から場所、スタッフまで寄付やボランティアで賄っている
ことが多く、今や全国に飛び火して多くの県で活動が広まっています。
ですが、
貧困家庭の子どもが、どれくらい来ているか分からなかったり、
困っている子ではなく、安くて健康的な食事を求めて来ている子ばかりが
利用していたりと、本来の意図に合う結果に結びついているのか疑問視されて
いるのも現状です。

そもそも、都会ならまだしも小さな地域で、そういう取り組みを広めて、
「貧困」という言葉を前提として食事を提供するというのは、
私自身は、躊躇してしまう部分があります。
ざっくり言うと、
利用する子どもにも、その親にも周りから
(あの子は貧乏だから、子ども食堂を利用しているんだ)
と思われる環境を作ってしまうのが前提の上での取り組みというか。
それを善意でやっていますと言われても、当事者がそれを有難いと捉えるのか。
という気持ちの部分です。

私が幼い頃、私の家はとにかく貧乏でした(苦笑)
毎日同じ服を着ているなんてのは当たり前で、
「あんたんち、貧乏やね」
って学校で言われたこともあります。
自分でも分かっているだけに、それを言葉として耳にした時は結構ショックでした(笑)
ただ、母は自分の食事を抜いてでも、私たちがお腹を空かせるような
ことはしなかった。
もしあの頃、「子ども食堂」というこのような取り組みがあったとしたら、
母は、私たち姉弟を、そこへ行かせただろうか?と思います。
「有難いことや。お腹いっぱい食べて来なさい」
と言っただろうか?
「そんなとこ行ったら、恥ずかしゅうて明日からここで住めんなる」
と言って行かせなかっただろうか?

それは、今の時代もそのまま当てはまるのではないかと思うのです。
個々のプイバシーや個人情報に重きを置く現在、
善意という言葉だけで、他人様の懐事情に首を突っ込んでいいのか?
ということも考えなくてはいけないのではないでしょうか?
私は、この取り組み自体は、すごく良いことだと思っています。
でも「貧困」(主旨的にはそれだけではありませんが)という言葉を
含んだ取り組みでなくても、この活動を活かせるのではないかと
思うのです。


「子ども食堂」という言葉が、こんな田舎ではまだまだ聞きなれない言葉だった数年前。
「だがしや まゆみ」では、「子供ランチ」を始めました。

あるお母さんが言っていました。
「もうすぐ夏休み。憂鬱や。
 子供がまだ小さいき、自分でご飯作れんから、
 毎日お弁当作って置いとくんよ。」
その時は、正直(大変やなぁ・・・)くらいにしか感じてませんでした。

夏休みに入って、上記とは関係ない別の子が、
店に来て、しばらくしてから「気持ち悪い」と言い出し、
嘔吐してしまいました。
店にいた他の子供たちを一旦外へ出させ、保健所で習ったように
漂白剤で後始末したのですが、嘔吐物の中身が「卵かけご飯」だったんです。
卵が悪かったのか、当時のその子の体調が悪かったのか・・・
ただ、嘔吐したその子は5年生で。5年生でも自分で出来る調理といったら
その程度なんだということに気付きました。


私が「子供ランチ」を始めようと思ったきっかけは、
その部分でした。
親御さんに少しでも楽してもらいたい。という思い。
子供に偏った食事ばかりさせたくない。という思い。
ただ、それだけで「子供ランチ」を始めました。
そこに、あの子は貧困だから。とか、
あの子は一人でいつもご飯を食べているらしいから。とか。
そんなのはありません。

知り合いの議員さんに
「まゆみで「子ども食堂」をやったら?」
というお声をいただいているのも事実です。
ですが、私は現状の趣旨のもと「子ども食堂」をするつもりはありません。
自分がやっている駄菓子屋や飲食店は営利目的でやっています。
非営利ではありません。
そして何より、「子ども食堂」は毎日開催しているわけではなく、
月に数回開催している所が多いと聞いていますが、たったそれだけで
子供たちの表情や、悩み、戸惑い。そんなものが伝わってくるのか?
と不思議に思います。
月に数回開催して、満足することよりも、
毎日顔を見合わせて、子供の嘘や悩み、
心の中と向き合ってあげることの方が
ずっと大事なんじゃないかと思うんです。

「だがしや まゆみ」は子供中心に店を開けています。
毎日、毎日色んな子たちが、あっちからこっちから
自転車でやって来ます。

会話の中で。
子供の服装で。
この子のお家は、生活が厳しいのかな?
と感じる子供は正直います。
だからといって、私は、その子に特別な事はしません。
してはいけないと思っている気持ちもあります。
おせっかいも度が過ぎるとなんちゃら・・・みたいに
感じている自分もいるし、そこまで立ち入っていいのか?
という気持ちもあります。
自分の幼い時の貧乏だった時のことが
重なっているからなのかもしれません。
だからこそ、貧乏だとか、片親だとか、そんなこと関係なしに
そういう親御さんでも懐厳しくないお値段で、おうどんや、
お好み焼きが食べられるように。そして何より子供たちが
素直な気持ちをぶつけられる場所の一つになれるように。
それが一番大事なんじゃないかと思うんです。


なんだか伝えたいことが上手く伝わっているか???ですが、
私自身は「子ども食堂」を批判しているつもりはありません。
それはご理解していただけたらなと思います。


posted by はちきん店長 at 10:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

「盗んだら」犯罪です。。。

その高校生が、よう店に来よった中学生の頃。
同じお菓子の減りが早うて、
(えらいこのお菓子、よう売れるもんや・・・)
と思うたことでした。

その子が、ウチで万引きしゆうんが分かったのは
正直たまたまやったがです。
問屋へ注文入れるに、在庫を調べよって、
先に書いた減りの早い お菓子の数を、
たまたま数えちょったがです。

その日、その子が「部活休んだ」いうて、店に来ちょって、
お菓子をいくつか買うて帰ったがですが、その子が
店を出た後、その減りの早いお菓子を数えたら・・・
合わんがです(苦笑)
なんで分かるかって?
その子がその日の一番乗りやったきです。
つまり・・・
在庫を数えた数時間後に、その子が店に来て、
万引きしながら(!?)
お菓子も普通に買うて店を出たということです。

その日、ダンナ様に、そのことを告げました。
私が鼻息荒うに(笑)
「あの子は要注意人物やで!」
いうがを、
「そうか〜、なんか残念やにゃあ。。。」
いうて、ダンナ様も言いよりました。

それから数日後。
今度は、ダンナ様が目の当たりにします(笑)
店をダンナ様に頼んで、家の用事をしよった私の所へ
ダンナ様が飛んで来ました。
「やった!
 やった!
 アイツ、やったで!!」
なんとも大胆にダンナ様の目の前でやりおった!(笑)
「早う捕まえや!」
いう私を、
まぁまぁ。
いうて、諫めます。

結局、捕まえるどころか
今日も万引きしてくれてありがとう
いうて、帰したようなもんです。

私は、店を始めた時、
「万引き」をしたら、すぐ警察へ連絡しようと
思いよりました。
今も少なからずそう思いよります。
万引きしたモノが、たった10円やろうが
20円やろうが、「盗んだら」犯罪です。

ただ・・・
この当時、その男の子は家庭環境がけして良いとは
いえんような状況やったです。
まともに接してくれる親御さんがおらんような毎日で、
食べるもの含め、全て親から渡されたお金で
生活しよりました。

話もちゃんとできるし、
気も利くような子でしたが、
生活環境がすさんでしもうたら、
こんなことしてしまうんかなぁ・・・
と思うたりしました。

結局、彼が万引きしたことについて、
私は咎めることもせず、その内、長期店を閉めることに
なったりで、その子とも疎遠になっちょりました。
そこに今回の一件やったもんやき、
(この子は相変わらずなんかなぁ・・・)
と感じました。

50円を落としてしもうた、女の子には後日、
「椅子の所に落ちちょったよ」
いうて、ポケットマネーから50円を女の子に渡いたがですが、
彼が、次やった時は、
一度、話し合わんとイカンと思うちょります。。。





だがしや まゆみ

を宜しくお願いいたします\(^▽^*)






人気ブログランキングへ
ぴかぴか(新しい)
高知県ブログランキング参加中!クジラをポチッとお願いします♪
ぴかぴか(新しい)



posted by はちきん店長 at 10:03| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。