2013年08月10日

早う行にや!。。。




人気ブログランキングへ


子供の言うことに
ハッ!
っとさせられる言葉もようけあります。
良い意味でも悪い意味でもです。。。

小学校に入ったばっかりの子供が、
下の妹を連れて、駄菓子屋に来た時に、
「ありがとうって、まゆみさんに
 ちゃんと言わんとイカンで?」
いうて、言い聞かせゆう姿を見たら
微笑ましゅうなりますわーい(嬉しい顔)

けんど・・・
こういうのはカチンむかっ(怒り)とくるがです。。。


地元の男の子が、他校の友達を連れて
駄菓子屋に来たがですが、
「ショボイもんしか、置いてないにゃあ」
とか言うがです。
前に日記に書いたように、
「えいにゃあ、駄菓子屋があって・・・」
言うてくれた子とは正反対のカンジの子ながですが、
店のお菓子やら、オモチャを見ながら
「こんなん、誰が買うかっつうの!」
「何コレ?高いし、こんなん売れるがかえ?」

しまいに言うた言葉が、
残り数個しか残ってなかったチロルのチョコを
買い占めて、

全部買うちゃったがで。有難いと思うてよ

やったがです。

私がブチッむかっ(怒り)っとなったがは
言うまでもありません。

「あたし、あんたに買うてやいうてお願いしたかね?
 別に買うてもらわんでもかまんしね。
 そんな文句ばあ言うて買うたお菓子らぁ
 ひとっつも、美味しゅうないと思うで?

 何より、ここは地元の子が来る駄菓子屋や。
 あんたは、あんたが住みゆう所の駄菓子屋へ
 行ったらえい。
 わざわざ、こんな遠くの駄菓子屋まで
 来ることなかろう?
 早う行にや(帰りや)!」

「なんで、そこまで言われなイカンがで!?」

「あんたね〜、自分が言うたこと棚に上げて
 何言いよん?
 言うてえいことと悪いことの分別くらい
 出来るろうがね?
 あんた、今からそんな事言いよったら
 大人になって自分が困るんで?
 家に帰ったら、お母さんに
 久礼田の駄菓子屋で怒られたいうて
 言うたらえいやか。
 あたしは、ひとっちゃあ かまんがで?」

結局、このよそから来た男の子は、
どくれて(イジけて)、店の前で
地元の男の子らぁに、なだめられよりました。

「まゆみさんに、はむこうたら出禁になるぞ?
 まゆみさん、怒ったら怖いきにゃあ」

コソコソ言いゆうつもりが
全部、聞こえちょりますたらーっ(汗)(笑)

あの男の子は、もう店には来んかもしれん。
けんど、その日以降、あの男の子の親御さんからも
連絡はないがです。
家では何も話いてないがやと思います。
もし今度、店に来た時は、その言葉遣いが
変わっちゅうことを願うちょります。。。

  






だがしや まゆみ

を宜しくお願いいたします\(^▽^*)






人気ブログランキングへ
ぴかぴか(新しい)
高知県ブログランキング参加中!クジラをポチッとお願いします♪
ぴかぴか(新しい)



posted by はちきん店長 at 09:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独り言や友達への言葉でなく、まゆみさんへ向けた明らかな攻撃的な言葉ですね。

大人でもこういう人っていますよね。
店員がいる前で聞こえるように、店を批判する客とか。

自分はお客だという上から目線の態度で、店に注文(クレーム、意見)を言っているように思います。

子どものうちに、そういうことを自分が言われたらどういう気持ちになるのかなどを考えさせることが必要だと思うので叱ってあげて当然です。

大人も子どもも、相手の気持ちを思いやるイメージ(考えをめぐらす)の欠如が社会的に多いですよね。
Posted by かわうそ at 2013年08月11日 11:27
親や教師は、日頃、一体何を教えてるんやろう?
教育って「学問」だけじゃないのに・・・

大事なのは、常に相手を思いやる気持ちを持つ事!
言っていい事と悪い事の区別は、ちゃんと教えてやらないといけないですよね!
Posted by on the hill at 2013年08月12日 21:06
かわうそ様

私自身も、この子に嫌味を言ったんです(笑)
「あんたは、あんたが住みゆう所の駄菓子屋へ
 行ったらえい。」
ってとこです。
この子の住んでる地域には「駄菓子屋」は
無いんです。
結局は、友達の住むこの場所に駄菓子屋があるという
羨ましさへの反感だと私は感じ取りました。

確かに、子供がこんなこと言うということは、
(親御さんも、普段からそんなこと
 言ってるんだろうなぁ・・・)
って思わずにいられません。

今度、この子が店に来た時、私とどんな風に
話すのか・・・
実は楽しみだったりするんです(^^ゞ
Posted by まゆみ at 2013年08月14日 11:33
on the hill様

「全部買うちゃったがで。有難いと思うてよ」
こんな言葉が出るというか、
こんな風に物事を捉えることって、
家庭環境も大きいんじゃないかと思います。

小学6年にもなったら、
お金の仕組み
(働いて賃金を得たり、それで物を買ったり食べたり・・・)
産物の過程
(物がどんな過程で出来上がっていくのか)
総合して「全てに於いて感謝する」
ということは、随所随所、学校で習うと思います。

それを忘れるというか、得た知識と別の言動を
取るということは、そういう言動をする人と
共にいるからだと思うんです。
親御さんも自分の言動を顧みる良い機会では
あると思いますよね。。。
Posted by まゆみ at 2013年08月14日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: